交通事故

示談交渉は、非常に煩わしいものです。交通事故で痛い思いをしたうえに、どうしてこんな煩わしいことまでしなければならないのか、と思うくらいです。交渉を専門家である弁護士に依頼していただくことで、その煩わしさから解放されるだけでなく、損害賠償額の増額にもつながります。弁護士費用特約を利用すれば、(特約の範囲内で)弁護士費用の負担もありません。

保険会社が提示した金額は適正とはいえないかもしれない?

交通事故による損害賠償額の算定の基準には、自賠責保険の基準、任意保険の基準、裁判基準の3つがあります。保険会社の基準よりも裁判基準で算定した方が賠償金額が高くなることがほとんどで、死亡事故や重度後遺障害が残る事故などの重大な事故になるほど、両者の差は大きくなります。弁護士にご相談いただければ、裁判基準により算定した金額と当該ケースにおける見通しをお示しできます。

交渉の相手方は保険会社

一般的に、交通事故の被害者側としては損害賠償請求に関する知識や経験に乏しいのが通常です。これに対し、示談交渉の相手方は百戦錬磨の保険会社です。これでは、被害者側の要求をとおすことは簡単ではありません。
示談交渉を弁護士にご依頼いただくことで、法的手段を背景とした交渉を行うことができ、また、訴訟を提起することで、弁護士費用の一部や遅延損害金を加算した賠償金を得ることもできます。

弁護士費用特約について

ご加入されている自動車保険に、弁護士費用特約が付いていれば、弁護士費用を保険会社の負担(通常は上限300万円まで)でご依頼いただけます。
また、ご家族が加入する自動車保険の弁護士費用特約が使えることもありますので、お気軽にご相談ください。

大平昇法律事務所には20 年以上の豊富な実績がございます。どのような段階でも適切に対応できますので、安心してお任せください。

【対応可能地域】香川県全域(綾歌郡綾川町、綾歌郡宇多津町、観音寺市、仲多度郡琴平町、坂出市、さぬき市、善通寺市、高松市、仲多度郡多度津町、東かがわ市、丸亀市、仲多度郡まんのう町、木田郡三木町、三豊市) 岡山県、徳島県、愛媛県、高知県等の近隣地域や東京、大阪等も対応可能です。